アキタの檻

此処には阿呆な話しかない。

読書日記(2018/9/9-9/15)

何となく読んだ、中山元フーコー入門』。哲学の解説書としては、非常に平易で分かりやすい。筆者の本業が翻訳家であり、哲学者では無いことに由るのかもしれない。フーコーの代表作を辿りながら、フーコーの哲学・思想の概要と、その発展・変遷を解説している。絶対的な真理や正しさなど存在せず、それらは歴史的・恣意的に生じたものに過ぎないと指摘する。我々が「かくあるべき」という価値観によって、いかに自分で自分を縛り付けているかを自覚させられる。また、現代社会の学校や会社といったシステムは、凡て監獄と同じメカニズムで動いているという指摘には大いに共感する。

フーコー入門 (ちくま新書)

フーコー入門 (ちくま新書)

 

『高校数学でわかるマクスウェル方程式』は良書。仕事上、電磁気学を学ぶ必要があるため、入門書の一つとして読んだ。本当は自分で手を動かして数式を追うべきなのだろうが、ひとまず字面だけを追った。科学史や哲学にも話題が及ぶので、純粋に読み物としても十分に楽しめる。タイトル通り、高校物理の延長で、マクスウェル方程式が意味するところを大雑把に掴めた。特に、マクスウェルがいかにして「電磁波とは直交する電場と磁場の振動が波として伝わること」という仮説に至ったのかを、理解できた点が良かった。次は、一つ一つの数式を吟味しつつ、再読したい。

高校数学でわかるマクスウェル方程式―電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ (ブルーバックス)
 

近所の本屋で平積みになっていた麻耶雄嵩『螢』。以前に読んだ麻耶雄嵩『翼ある闇』は、展開・論理があまりに荒唐無稽で、そのミステリマニアの内輪ノリ的な作風に、あまり良い印象を抱かなかった。一方で本作は、推理小説マニアでなくてもある程度楽しめると思う。結構オーソドックスなミステリだ。逆に言えば、それほど衝撃的な展開・トリック・犯人ではないので、あえて読む必要があるかと言われれば、迷う。ただし、本作でキーとなるクラシック音楽が醸し出す耽美的な雰囲気、そして読者をどん底に突き落すエピローグは良かった。

螢 (幻冬舎文庫)

螢 (幻冬舎文庫)

 

小林泰三玩具修理者』は、短編『玩具修理者』と中編『酔歩する男』の二作を収録している。『玩具修理者』の方は再読。これは傑作としか言いようがない。少女が死んだ弟を"玩具修理者"という不気味なオッサンに直してもらう話。乙一的なグロさ。そして、道尾秀介的な伏線回収の鮮やかさ。『酔歩する男』は、ホラーというよりSF。タイムリープする男の話。小林泰三の理系っぽさ(メーカーの研究者との兼業作家)が全開の作品。ラストでは完全に煙に巻かれるので、個人的にはもう少しスッキリと終えて欲しかった。

玩具修理者 (角川ホラー文庫)

玩具修理者 (角川ホラー文庫)

 

佐藤究『Ank: a mirroring ape』。乱歩賞受賞のデビュー作『QJKJQ』と同様、佐藤究氏の作品は、純文学×ミステリ×メフィスト作家的斬新さ、とでもいうべき独特の作風だ。『QJKJQ』もそうだが、まずタイトルの斬新さに、もう読まずにはいられない。そしてタイトルに劣らず、内容も斬新だ。研究所から脱走したチンパンジーの鳴き声を聴いた人間が、理性を失った暴徒と化し殺し合う、という話。あまりに独特で、他人に安易にオススメできる作品では無い。だが、壮大な世界観で、非常に読み応えのある作品だ。ただし、理系人間からすると、謎解き部分のDNAのくだりのデタラメさには苦笑を禁じ得ない。

Ank: a mirroring ape

Ank: a mirroring ape

 

読書日記(2018/9/2-9/8)

前々から読みたいと思っていた,ヘルマン・ヘッセの『デーミアン』を遂に読んだ。主人公の少年・シンクレアが,大人びて超然としたクラスメイト・デーミアンの影響を受けつつ,成長していく話。シンクレアとデーミアンの関係は独特で,友情とも師弟関係とも言えない。エヴァンゲリオンのシンジ君とカヲル君の関係に近い。「大人達や他のクラスメイトは分かってくれない。だが,アイツだけは理解してくれる」という感覚は非常に共感できる。古典作品ながら,古さを全く感じさせないのは,青年とは今も昔も本質的には変わらないからなのだろう。

デーミアン (古典新訳文庫)

デーミアン (古典新訳文庫)

 

ブルーバックスの『記憶の仕組み (上)』を読んだ。記憶をテーマとした短編小説を書いてみようと思い立ち,図書館で借りてきた本。教科書的な一冊で,よく言えば体系だっているが,悪く言えば面白みに欠ける。「記憶のしくみ」というタイトルだが,上巻はむしろ記憶というシステムの持つ性質に関する記述が多い。例えば,同じ刺激を反復すると馴化する等。記憶のメカニズムが,ニューロン同士のシナプスの強度やパターンに由来するというのは,なかなか信じがたい。コンピュータが0と1のパターンで,あれほどの事を成し遂げることも凄いが,人間の脳というのもやはり凄いものだ。 

記憶のしくみ 上 (ブルーバックス)

記憶のしくみ 上 (ブルーバックス)

 

昼休みも本を読んでばかりで,会社ではすっかり読書家キャラが定着してしまった。最近,夏目漱石の『坊っちゃん』が面白かったと同期に言われた。読書キャラのくせに『坊っちゃん』も読んだことが無い,というのはさすがに恥ずかしく,あわてて私も読んだ。一つ一つのシーンや会話がコミカルで面白い。森見登美彦の小説に似た面白みを感じた。終盤で,坊っちゃんが野だいこに生卵をポコポコと投げつけるシーンなど,まさに森見登美彦的だ。勧善懲悪の体裁を取ってはいるが,結局のところ,善なる坊っちゃん山嵐,うらなりは,最終的に職を失ったり,左遷されたりする。そこに,夏目漱石の人間社会に対する諦念や遣る瀬無さを感じた。

坊っちゃん (新潮文庫)

坊っちゃん (新潮文庫)

 

最近,悪い夢を見た。とても怖かったと同時に,「これを小説できたら面白いんじゃないか?」と思えるくらい,面白い夢でもあった。これをきっかけに,ホラー小説への興味がふつふつと湧いてきた。手始めに,結構前に読んだ『玩具修理者』が今でも印象に残っているので,小林泰三の小説を手に取った。本作は純粋なホラーというよりも,ホラー・SF・ミステリが入り混じった短編集である。個人的ベストは,やはり表題作の『目を擦る女』だ。ホラー的な不気味さと,ミステリ的な謎解き,そしてディストピアSF的な絶望感がブレンドされた傑作だ。

目を擦る女 (ハヤカワ文庫JA)

目を擦る女 (ハヤカワ文庫JA)

 

引き続き,ホラー小説巡り。様々な読書ブログでオススメされていた恒川光太郎の『夜市』を読んだ。『夜市』と『風の古道』の中編二作を収録している。『夜市』はここ一カ月で読んだ小説の中でベストと言っていい。読後にこれほどの興奮を覚えたのは久しぶりだ。森見登美彦『きつねのはなし』的な不気味さと,筒井康隆『旅のラゴス』的な壮大な世界観がある。『風の古道』も良い。こちらもSF的な要素のある怪談。怪談とは良いものだ,と久しぶりに夢枕獏陰陽師シリーズなども再読したくなった。

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

 

続いて,同作家の『秋の牢獄』だ。中編を三篇収録している。これも,面白い。面白い。面白いのだが,『夜市』に比べると,どの作品も既知感があり,やや感動は薄れた。『秋の牢獄』は伊坂幸太郎,『神家没落』や『幻は夜に成長する』は乙一の小説と言われても納得する。もちろん面白いことが間違いないが,『夜市』ほど感動は無かった

秋の牢獄 (角川ホラー文庫)

秋の牢獄 (角川ホラー文庫)

 

ホーキング博士の『ホーキング,宇宙を語る』を読んだ。ブラックホールやビッグバンといった,現代物理学の示す宇宙観は面白い。だが,相対性理論量子力学をぼんやりとしか理解できていない私のような読者にとっては,もはやフィクションの世界の話のように聞こえる。現代物理学の最先端を理解している人間など,この世界に一握りしかいないだろう。科学の正しさが,彼ら天才達の内輪の世界で承認され,定式化されていくというのは,非現実的だし,怖いことでもある。その誤解や恐怖を少しでも取り除くために,こういった啓蒙書が書かれるのだろうが,それでも悲しいことに,凡人には彼らの見ている景色など見られないのだ。

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)

 

以上が,先週中(9/2-9/8)に読んだ本である。今週は,引き続きホラー小説を嗜むことにしたい。また,北海道地震を受けて,地震の発生メカニズムや巨大地震の発生可能性を知る必要性を感じたので,地学や地震に関する実用書を読む予定である。

オススメのギター弾き語り動画、7選

最近,アコギが欲しくて仕方が無い。
YouTubeを徘徊していると,好きなアーティストがギター一本で弾き語る動画に,しばしば行き会う。それを観てしまったが最後,アコギが欲しくてたまらない病に感染してしまう。別に自分がアコギを入手したからといって,彼ら彼女らのような素晴らしい演奏が出来る訳では無い。それでも,欲しい。

そんな動画を紹介する。

 

1. THE BACK HORN『新世界』www.youtube.com

海辺で弾き語り。これは憧れる。山田将司菅波栄純の二人が醸し出す,"男の友情"感が堪らない。知る人ぞ知るインディーズ時代の名曲を演るという,マイナーな選曲も最高です。

 

2. Amazarashi『ラブソング』

www.youtube.com

『ラブソング』なんてタイトルからは想像もつかない悲痛な曲。
秋田ひろむ氏の叫びが心に響く。

 

3. Syrup16g『センチメンタル』 

www.youtube.com

Syrup16gが好きな人間に,幸福な人間はいないだろう。
残念ながら,私もその不幸な人間のうちの一人だ。それでも,この曲を素晴らしいと思えることを幸福に思う。

 

4. the pillows『雨上がりに見た幻』

youtu.be

一番好きなバンドを聞かれたら,私は迷わずthe pillowsと答える。
紹介する『雨上がりに見た幻』の弾き語りverは,このLIVEのラスト一曲で,動画の1:22:08から始まる。the pillowsファンならば,涙なしには聴けない。

 

5. TK from 凛として時雨テレキャスターの真実』

www.youtube.com

全くもって意味不明な歌詞。なのに何故か,かっこいい。そして何故か泣けてくる。

6. 向井秀徳『自問自答』

www.youtube.com

東京の街中,あるいは電車の中で,人混みにまみれながら,イアフォンでこの曲を聴くのが最高だ。3:50~から世界の汚さを畳みかけ,「繰り返される諸行無常や~」で締めてギターのカッティングに入るところ,そこが最骨頂。

 

7. YUI『thank you my teens』

www.youtube.com

一曲だけ,メジャーどころをピックアップ。20歳になった頃,この曲を聴いて感傷的になったのも,もはや遠い過去のこと。

 

 

オマケ 向井秀徳『CHE.R.RY』 

www.youtube.com

 

This is 向井秀徳

 

 

ハンディスキャナで本の自炊は可能か

阿呆な事ばかり書いてきたが,たまには他人様の役に立ちそうな記事も書いてみたい。
私は一週間ほど前に,以下のハンディスキャナを購入した。
一応Amazon's Choiceなどとオススメされているが,聞いたこともないメーカー製で,いかにも安っぽいコピー商品という趣だ。

これを本の自炊(電子化)を目的として購入した。だが,果たしてこれが実際に使えるのかは,分からなかった。ググってみても,書籍をスキャンした事例は見つからなかった。Amazonのレビューも賛否両論で,あてにならなかった。だから,一か八かで購入に踏み切った。

届いてから今まで放置していたのだが,ふと思い立って試しに使ってみることにした。サンプルは,手元にあった夏目漱石坊っちゃん』だ。使い方は非常にシンプルで,SCANというボタンを押し,スキャンする部位をなぞり,再びSCANボタンを押して終了。それだけだ。1頁に10秒とかからないだろう。さて,お待ちかねのスキャンの出来栄えだが,結果は以下の通りだ。

f:id:Ketone:20180902233258j:plain

思ったよりも,感触は悪くない。これは普通に使い物になるのではないか。
ただし,これは第一印象でしかないため,今後実際に使い続けた上で,使い勝手はどうか,そして本当にオススメできる商品なのか,という記事を追記させて頂きたい。

このハンディスキャナという強力な武器を手に入れた私は,古今東西の書物をポケットに収め,新時代の「知の巨人」となるべく邁進する所存である。私が本ブログでフーコードゥルーズを引用しつつ現代社会を自由闊達に論じる日も近い。

ラーメン屋でダベるチャラ男に対し畏敬の念を禁じ得ない

今日の昼,ラーメン屋で麺を啜りながら,順番待ちの大学生2人組の会話を盗み聞きしていた。二人とも,"チャラい"という形容詞がピッタリの風貌だった。そして彼らの言動も,その印象に違わなかった。彼らの会話の9割強は,女の話だった。

その残り1割弱の中に,どうやら共通の知り合いらしい"Y先輩"の話があった。
「Y先輩には気をつけろ」
一方の奴が言った。
「え,なんで?」
もう一人が聞き返す。
すると,驚愕の答えが返ってきた。

「Y先輩,酔っ払うと小便飲ませてくるから」

...!?

私は衝撃を受けた。
飲食店で小便の話を持ち出すデリカシーの無さに閉口すると同時に,あまりに異次元な回答にカルチャーショックを受けた。

小便を飲ませてくる先輩なんて聞いたことがな...
いや,聞いたこと,あるわ。

ジョジョの奇妙な冒険』のアバッキオだ。

ãã¢ããã­ãª ãè¶ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ãã¢ããã­ãª ãè¶ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

ギャングに新入りした主人公ジョルノ・ジョバァーナに,"お茶"と称して,自らの小便を飲ませてくる先輩。
それがアバッキオという男だ。

こんな逸材が二人も存在する訳はない。
つまり,Y先輩とは,他でもないアバッキオその人に違いない。
それはすなわち,彼らがただのチャラい大学生では無く,泣く子も黙るギャング組織「パッショーネ」の一員だという事を意味する。

私は恐れおののいた。
急いでラーメンを平らげると,「アリーヴェデルチ」と呟き,その店を足早に去った。

なぜ太っている人が痩せられないのか理解できない

この記事を書くことによって,この世の人間の何割かを敵に回すことになるかもしれない。しかし,どうしても私はこの疑問を吐き出さずにはいられない。

なぜ,太っている人は,痩せようとしないのか,私には全く理解できない。

太っている事には,はっきりいって何のメリットもない。
現代日本において,太っていることは,他人にマイナスの印象を与える事が多い。
また,肥満は様々な生活習慣病の原因となる。
その上,食事の量が多いことは,経済的にも損でしかない。
太っていることが魅力的とされるフィジーモーリタニアに住んでいるならともかく,現代日本に住む我々にとって,太っていることにはデメリットしかない。

それなのに,なぜ太っている人は痩せようとしないのか,全く理解できない。
確かに,三大欲求の一つたる食欲を抑えることが難しいのは解る。
とはいえ,夜食や間食さえ摂らなければ,太るはずなどない。
ちょっと小腹が空いたのを我慢すれば良いだけの話ではないか。
空腹の苦しみ以上に,太っている自分に対する世間の冷たい視線の方が何倍も苦しいと思うのは私だけだろうか。

勉強が出来ない人を,私は軽蔑しない。
運動音痴な人を見下すこともしない。
お喋りが下手な人を馬鹿にすることもできない。
なぜなら,これらは努力以外にも,生まれ持った才能・適性に依存する事柄だからだ。

一方で私は,太っている人を見かける度に,彼ら彼女らを心の隅で軽蔑してしまう。それが道徳的に良くないことは分かっている。だけど,"痩せること"なんて,ただ食べる量を減らして,ちょっと運動するだけのこと。つまり,才能もクソもない,誰でも出来ることだ。だから,その程度の努力もしようと思わないのか,と私はつい見下してしまうのだ。

しかしながら,そんな私も,きっと誰かに見下されているのだろう。
例えば,私は会話が得意では無い。
だから他人は私を見て,「なぜアイツはあんなに口下手なんだ。会話なんて,才能もクソもない簡単な事じゃないか」と思っていることだろう。
私自身も,今まで散々見下してきた"太っている人"と,同じ穴の貉でしかないのかもしれない。だってほら、もう深夜なのに、無性にピザが食べたい。

入社した当初の意識が高かった自分を殺したい

会社に入ってから,五ヵ月。
あと一ヵ月で今年度の上半期が終わる。
それまでに,私にはやらねばならない事がある。
それは,TOEFL iBTを受験することだ。

別にTOEFLを受験することが,全社員に必須な訳ではない。
しかし,私だけはわざわざUS$235 (26129円!) も自腹で払って,たかだか英語のテストを受験しなければならない。
それは全て,意識が高かった頃の自分のせいだ。

入社した当初,人事評価シートなるものを書かされた。
そのシートには,仕事や語学学習,資格勉強等の項目があり,それぞれに関して,半期ごとの目標を記入する必要があった。
その語学学習の欄に,私は「TOEFL iBTで〇〇〇点を取得する」と書いてしまったのだ。

猫も杓子も受けるTOEICでは無く,何故TOEFL iBTなるマニアックな試験を選んだのか。それは,こう見えて (どう見えているのかは分からないが) 私は帰国子女で,既にTOEICで990点満点を取っているからだ。これは就活中に散々アピール材料に使ったから,私がTOEICで満点を取っている事は,社内に知れ渡っている。だから,今さら「TOEICで〇〇〇点を取得する」なんて目標にすることは出来なかった。

ただ,TOEICには,普通のListening&Reading Test以外に,Speaking&Writing Testというのがある。
それを受けることにしようか,と初めは思った。これなら,受験料は5000円くらいで済む。

しかしながら,私は時折,謎の意識の高さを発揮してしまうことがある。
この時もそうだった。
TOEICというのは,はっきり言って,英語力を測るテストでは無い。あくまで,どれだけTOEIC対策をしたかを測るテストでしか無い。TOEIC満点の私が,大して英語を喋れないことが,何よりの証拠だ。
一方,TOEICに比べたら,TOEFL iBTの方がまだ,実際の英語力を反映している。
TOEIC満点なぞに甘んじてはならない。TOEFL iBTで満点を取ってこそ,真の漢だ。意識が極限まで高まった私は,自己評価シートに「TOEFL iBTを受験する」と強く書き込んだ。

そんな訳で,TOEIC iBTを受ける羽目になってしまった。
しかし,今になって私は,後悔の念に駆られている。
26129円も払いたくない。
嗚呼,払いたくない,26129円。
誰か恵んでくれませんか,26129円。

嗚呼,入社した当初の意識が高かった自分を殺したい。
いや,"意識が高かった"というよりも,単純に"馬鹿だった"だけかもしれない。