綴る阿呆

此処には阿呆な話しかない。

阿呆な話

ラーメン屋でダベるチャラ男に対し畏敬の念を禁じ得ない

今日の昼,ラーメン屋で麺を啜りながら,順番待ちの大学生2人組の会話を盗み聞きしていた。二人とも,"チャラい"という形容詞がピッタリの風貌だった。そして彼らの言動も,その印象に違わなかった。彼らの会話の9割強は,女の話だった。 その残り1割弱の…

菅田将暉とサシで飲む夢を見た

先日,菅田将暉とサシで飲みながら,音楽を語り合う夢を見た。 なぜ,こんなヘンテコな夢を見てしまったのか,分からない。いや,全く分からない訳でも無い。原因は多分,次の2つだ。 まず1つ目。最近,菅田将暉のアルバム『PLAY』を聴いていること。 約一…

最高にオススメの自転車用ライト USL-200

数週間前,私は自転車のライトを盗まれた。サドルを盗む輩もいるくらいだから,特段驚くべきことではない。だが,他にも100台以上は自転車があった駅前の駐輪場の中で,なぜ私の自転車が標的となったかは分からない。それ以降は仕方なく,夜に自転車に乗ると…

「芸能人の○○に似てますね」という言葉が,本心かお世辞かを見極める方法

誰でも,人生に一度は「芸能人の〇〇に似ていますね」と言われたことがあるだろう。私も,何度か言われたことがある。その時に,決まって疑問に思うのは,「これは本心か,それともお世辞なのか」という事だ。 まず,自分が似ているという,その芸能人の容姿…

私が面白いと思う人に共通する7つの事

「面白い人」というのは稀少な存在だ。私の経験から言えば,100人と会って,そのうち「この人は本当に面白い」と思えるのは2, 3人くらいだ。 私は自分自身を「面白い奴」だとは全く思っていない。だが,面白い人間になりたい,という願望は人並み以上に強い…

スタバに毎日通っていることを大学時代の自分に教えてやりたい

今年の4月から働き出して早4カ月が経過した。働く以前は何よりも「残業」に恐れをなしていたが,なんだかんだ毎日定時で帰ることができている。かといって家に帰ったところで,ダラダラと時間を無駄に過ごしてしまうだけだ。そこで最近は,仕事終わりに近所…

「かき氷=ワールドカップ説」を提唱するUIデザイナーが散歩していた話

はてなブログのトップページ,オススメ記事「カテゴリー」が更新されていた。 昨日までは,一番右が「アイス」だった。 駆け出しのブロガーが,一般に認知されるきっかけとして,このカテゴリー別のオススメ記事に掲載されることが重要であるらしい。そして…

デッサン講座を無料体験して得られた,一つの教訓

先日,何を血迷ったか,デッサンの無料体験レッスンを受けてきた。 大学院では土日返上で研究に勤しんでいた私だが,今や晴れて会社員となり,完全週休二日制の恩恵を受けている。 先月までは,休日はひねもす読書に耽っていた。活字の世界に浸り,時間がた…

「有意義な休日」という幻想

三連休明けの職場。そこは「如何に有意義な休日を過ごしたか」というアピール合戦の舞台。猫も杓子も3日間かけて装填した思ひ出といふ名の銃弾を撃ちまくる撃ちまくる。旅行に行きましたディズニーに行きましたライブに行きましたビーチに行きました釣りに行…

吾輩はミニマリストである。家具はまだ無い。

吾輩はミニマリストである。家具はまだ無い。テレビも無ければ,洗濯機も無い。冷蔵庫も無ければ,電子レンジも無い。ついでに言えば,金も地位も名誉も人望も将来への希望も悉く無い。皆無である。そんな吾輩の事を,友人は「永遠の0」と呼ぶ。斯くの如き…

上毛かるた — 群馬県民と友情を築く,ただ一つの方法 —

日本の首都・東京から,北西へ車を走らせること約2時間。私はグンマとの国境に至った。難無く国境を通過し,寂れた首都・マエバシを尻目に,グンマで最も活気のある都市・タカサキへと向かった。タカサキの中心部に到着し,下車すると,途端に味噌の香ばしい…

アイスといえば,ジャイアントコーンに限る

アイスといえばジャイアントコーンに限る。 第一に,そのボリューム。"ジャイアント"の名に恥じない,圧倒的な体積。ボリュームで奴と対抗しうるのは,ジャンボモナカかラーメン二郎,あるいはチェ・ホンマンくらいであろう。一説によると,ジャイアントコー…

私が今,一番欲しいもの。それは...

私が今,一番欲しい物。それは,懸垂マシンである。 ぶら下がり健康器 懸垂マシン2018改良強化版 高さ2段階調整 マルチジム ぶらさがり トレーニングマシン 2色 (A2 Black) 出版社/メーカー: CWU メディア: その他 この商品を含むブログを見る 先日,『プリ…

朝,一発で起きるために私が実践している7つのこと

朝,一発で起きるために私が実践している7つのこと 1. 目覚ましを3つかけること。 チリリリリリン。目覚ましA (iPhone) の音で目が覚める。半ば無意識で,目覚ましAをタップして止める。二度寝に入らんとする寸前で,チリリリリリンと鳴り出すのは目覚ましB…

6年前の自分への手紙

目が覚めて,今日は休日だということに気付く。 昨日身体を酷使したせいで,全身が痛い。痛みから必死に意識を逸らし,辛うじてベッドから起き上がる。玄関へと足を引きずり,郵便受けを開けた。 近所のスーパーのちらし。近所の美容院のちらし。廃品回収の…

天才にTwitterはいらない

大学生の頃,Twitterにハマった。現実世界の私は,講義室の隅っこで独り本を読んでいる,いわゆる「陰キャ」であった。そんな私が,唯一Twitter上では,他人に「面白い」と称賛してもらえた (と勘違いしていた)。神妙な顔をしながら講義を聞く (ふりをする) …