阿呆空間

此処には阿呆な記事しかない。

【就活】「尊敬する人は誰ですか?」への正しい答え方

前回に引き続き,就活の話をさせて頂きたい。
今回,私が話をしたいのは,
「尊敬する人は誰ですか?」という質問に対する答え方である。

この質問への解答例をネットで検索すると,
・両親や友人・先輩,ゼミの教授といった身近な人物
・教科書に載っているような,歴史上の人物
・有名なスポーツ選手
といった回答例が見受けられる。
しかし,私はこれら3つの回答例は,どれもはっきり言ってイマイチだと私は言いたい。
まず,その理由を,それぞれのパターンについて説明していく。
その後,この質問への正しい答え方に関する,私見を述べたい。

・両親や友人・先輩,ゼミの教授といった身近な人物
 20代の人が,これまでに出会った人間の数。それは数百人か,多くても数千人程度だろう。もちろん,その中に「並みの人よりもスゴイ人」はいるだろうが,さらに高レベルの,万人にとって尊敬に値する天才的な人物はいるのだろうか?
 両親や先生をはじめとする,身近な人から学ぶことは大切なことであり,それらの人に感謝することは重要だと私も思う。だが,果たして本当に「尊敬」するほどの人間なのだろうか。例えば,両親なんて,全世界の約76億人の中から,偶然自分の親となった2人であり,その2人に感謝こそすれど,彼らが尊敬に値するだけの人物である確率は,数学的に考えてかなり低いと思う。面接官という赤の他人に対しても,尊敬する理由を納得させるだけの客観的な根拠があるのなら別だが,「頑張って私を育ててくれた」といったような主観的な理由を面接という公的な場で披露するのは,なんだか稚拙で恥ずかしいことだと私は思う。

・歴史上の人物
 ネット上の就活情報提供サイトを見ると,織田信長坂本龍馬といった歴史上の人物を例に挙げて,彼らの人物像を通じて,自分の価値観・パーソナリティーをアピールしろ,という言説が多く見受けられる。しかし,私がここで問題だと思うのは,織田信長坂本龍馬といった歴史上の人物のキャラクターは,現存するわずかな文献を基に,主に歴史小説家や時代小説家が創作した,いわば「空想上のキャラクター」であるからだ。例えば,現代の日本人の多くが,坂本龍馬は自由闊達で飄々とした人物だ,という印象を抱いていると思うが,それは司馬遼太郎の創作に因るところが大きい。なお,この辺りの,歴史小説に起因する歴史の実態と認識との乖離に関しては,以下の一坂太郎氏の本に詳しい。

 

・スポーツ選手
 まず,例えばイチロー選手のような,誰でも知っているメジャーな選手を例にあげるのは,はっきり言って陳腐で印象に残らないと思う。上記の「歴史上の人物」の場合と同様,取り上げたスポーツ選手の練習量の多さや本番での強さ,といった情報を,自分自身の強みと絡めてアピールする,といった形になるのだろうが,それは「努力家である」とか「プレッシャーに強い」といった抽象的な自己アピールに過ぎず,つまらないし,具体性・客観性に欠けると,個人的には思う。

 

散々巷にあふれる回答例に対してケチをつけさせて頂いたところで,
次は,「尊敬する人物」に関する私見を披露したい。

私が尊敬する人物として挙げるべきだと思うのは,
「自分が受ける企業が属する業界における,知る人ぞ知るスゴイ人物」
である。
その理由としては,自身の情報収集力の高さを"客観的に"アピールできると同時に,その業界への志望度の高さも"客観的に"示すことが可能だからである。

 例えば,銀行を志望する人ならば...
日本銀行に入行後,ルワンダ中央銀行総裁として出向し,ルワンダの経済再建に尽力した後,日本人初の世界銀行副総裁となった,服部正也氏などが挙げられる。
ルワンダ時代の,服部氏の努力・苦労に満ちたエピソードは,以下の「ルワンダ中央銀行総裁日記」に詳しく書かれている。やや堅い文章ではあるが,非常に面白く,示唆に富んだ本なので,是非一読をお勧めしたい。

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

 

 他にも,メーカー志望の研究者ならば,
日本人サラリーマンとして初めてノーベル化学賞を受賞した田中耕一が挙げられる。同じくサラリーマンとして数年前に青色LEDの開発でノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏は所属していた会社との金銭を巡る裁判沙汰が問題となったのに対し,田中氏については,書籍やインタビューからその謙虚な人柄が伺え,まさにメーカーが技術者として欲しい人材の鏡と言える。

生涯最高の失敗 (朝日選書)

生涯最高の失敗 (朝日選書)

 

 なお,私自身は,尊敬する人物としては,同じくノーベル医学賞受賞者の山中伸弥先生を挙げていた。誰もが知ってる人物で,全然知る人ぞ知る人物などではないではないかとツッコミを受けてしまいそうだが,私は昔から山中先生を研究者として尊敬していて,先生の著作のほとんどに目を通している。自分の大学での研究にも,山中先生の研究に対する取り組み方や考え方を参考に取り組んできた。だから,山中先生に関しては「誰もが知っている」範囲以上の「知る人ぞ知る」部分まで知っていると自負している。

 

以上,「尊敬する人は誰ですか?」への正しい答え方について私の考えを勝手に述べさせてもらった。

ここで,私が一番言いたいのは,ネット上の回答例を考えなしに鵜呑みにするのではなく,自分でどのように答えたら客観的かつ具体的なアピールが可能になるのかを,「自分の頭で」考えた上で,面接に臨むことである。
だから,上記の私のアドバイスも独断と偏見に満ちた私見に過ぎす,書いておいてなんだが,あまりそのまま受け入れて欲しくはない。あくまで「自分の頭で」考えるための,参考として使ってほしい。
繰り返しになるが,ネットで拾った回答をそのまま口にするのではなく,自分ならではのオリジナルな回答を作って面接に臨むのが,最も効果的,かつ楽しいと思うので,ぜひ「自分の頭で」考えることを推奨したい。

 

最後まで読んでいただき,誠にありがとうございました。