阿呆空間

此処には阿呆な記事しかない。

【書評】ブロガーにこそオススメの本:『営業力100本ノック』

日曜日の夜。それは会社員にとって,憂鬱な一時である。
私は日曜日の夜には,ビジネス書を読むことにしている。それにより,休暇モードから仕事モードへの切り替えがスムーズになるからである。
さて,今週の日曜夜に読んだ本が,この記事で紹介する北澤孝太郎著『営業力100本ノック』である。

営業力 100本ノック (日経文庫)

営業力 100本ノック (日経文庫)

 

 体育会系な香りのするタイトルだが,筆者は東工大で学問としての営業を教える特任教授であり,意外にも理路整然とした内容であった。本書は,100項目の質問を通じて,読者が自身の仕事に対する姿勢を改善・修正するヒントを与える。
私は営業を専門とする訳ではない。だが,どんな職種であっても営業的な要素は付随するものである。私も本書を読んで,反省させられる点が多々あった。

また,ブログ運営においても,これら100項目の質問は通用することに気付いた。
以下では,私の印象に残った問いをいくつかを紹介したい。

 

質問3 自社の原点にある「理念」は何でしょうか

これはブログにも当てはまる問いだと思う。たかがブログといえど,自己満足のブログよりも,何かしら世の中に貢献したいという「理念」のあるブログの方が,結局は読者を獲得するものだと思う。では,私のこのブログの「理念」とは何か。ささやかな願いとして,私は「もっと多くの人が本を読むようになれば,この世界はもっと良くなる。だから,このブログを通じて,本を読む人を増やしたい」という思いを抱いている。

 

質問50 自社が創り出せる競合との違いは何ですか

この質問は,なかなか耳に痛い。ブログなんて,それこそ星の数ほどある。特に,読書をテーマとして扱うブログは非常に多い。だから,自分にしか書けない何か,を見つけることは難しい。私の場合,「理系×会社員×読書家」といった掛け合わせで,オリジナリティを出せないかと,模索している。

 

質問87 あなたのやる気を持続する方法は何ですか

ほとんどのブログは,長く続かないそうである。ブロガーにとって,一番必要とされる才能は,やる気を持続させる力といえるかもしれない。

 

以上に挙げた3つの質問以外にも,まだまだブログ運営に通用するヒントはある。だが,全て紹介しているとキリが無い。

残りの97項目は,自身の目で,確かめて頂きたい。